断熱フィルム

 

 ガラスに貼るフィルムとしては最も科学的なフィルム。通常ガラスから侵入する熱(赤外線)を遮断する方法はガラス面に熱を反射するフィルムを貼り、室内が暑くならないようにする事が一般的でした。日進月歩で今や全く透明なのに断熱の効果を高めてくれるガラスフィルムです。

 

 

 透明なのに温度が下がる
透明なのに室内の温度を3から7℃下げる効果がある為、最近多くなってきたバルコニーが南側にないマンションには最適です。
室内温度がどれだけ下がるかは日中の日照時間、室内空間に対する窓面積の比率、建物の構造などによって変わります。

 

 

参考:遮熱フィルム(メタル)=日射調整フィルムはさらに温度を下げる機能がありますが、外部から見たときミラー状に反射します。