断熱フィルム、遮熱フィルム、UVカットフィルム、飛散防止フィルムで快適、安全生活。

ガラスの種類

ガラスの種類

フロートガラス

フロートガラス

現在製造されている板ガラスの中でもっとも一般的な透明板ガラスで、家の窓や車のウィンドウなどに用いられています。板ガラスには、さまざまな目的に応じて高度な加工技術が取り入れられています。
【フロートガラス(透明ガラス)】は、それらの板ガラスの基本型であるといえます。

すりガラス

すりガラス

すりガラスは、フロートガラスの片面にすり加工を施し不透明にしたもので、視線をソフトに遮ります。すりガラスはフロートガラスの表面を金属ブラシや砂でこすることで、細かなキズをつけ不透明にしたガラスです。このため、汚れが不透明にした面につくとキズの奥に入り込み、汚れが取れにくくなってしまいます。

型板ガラス

型板ガラス

ガラス面につけた型模様によって、光を通しつつ適度に視線を遮ることができるガラスです。日射透過率や可視光線透過率などの光学的特性は、フロートガラスとほとんど変わりありません。私たちの家やオフィスには、プライバシーを守るために視線をやわらげたい場所が意外と多くあります。しかし、そのためにカーテンを閉めていては、日当たりや明るさが損なわれてしまいます。明るさはそのままで、プライバシーにも配慮したい場所には【型板ガラス】がお勧めです。代表的な【型板ガラス】として挙げられる「くもりガラス(不透明ガラス)」。くもりガラスといっても光は十分に取り入れられるので、プライバシーを守りながらの空間づくりが可能です。
プライバシー・デザイン性・明るさ、全てかないます!

型板ガラス

浴室やトイレ、それに玄関などは、外からの視線が一番気になる場所。しかしそれ以外にも、廊下の窓や応接間、子ども部屋など、使う人によってプライバシーに配慮したい場所はさまざまです。実はプライバシーを守りつつしっかり光を取り込みたい場所にぴったりのガラスがあるのです。
表面に細かい模様をつけた型板ガラスには、光を拡散して視線を遮る効果があります。

網入りガラス

網入りガラス

網入りガラスは、火災時に火の侵入を防ぎ、また、外への延焼を防ぐ効果のあるガラスです。延焼の危険性が高いビル街や住宅密集地などで使われ
ています。
※使用すべき部位は、消防法によって定められています。
なお、金属の熱膨張率が異なることから、温度変化の激しい場所ではガラスにヒビが入る恐れがあります。
「網入りガラス=防犯機能を持つガラス」と思われがちですが、これは誤りです。
フロートガラスと比べて破片が飛散しにくく、脱落しにくいガラスですが、防犯機能は期待できません。
防犯対策には【合わせガラス】をお勧めします。
火災は窓から広がります!
万一火災が起きたとき、窓ガラスが被害の拡大を招いてしまうこと、ご存じですか。実は、一般の窓ガラスは耐熱性能を持っていません。そのため、炎で熱せられると割れ落ちて、そこから火が侵入してくるのです。
特に都市部など住宅が密集している地域では、窓からの延焼が重大な被害を招くことがあります。
ご近所のためにも、窓の防火対策を
窓の防火対策は、万一のときの被害を最小限に抑えるために大切なこと。
それには、炎で割れにくい耐熱性能のあるガラスを使うのが効果的です。
このような「耐熱強化ガラス」は、割れにくく炎を遮断するので、火災のとき高い効果を発揮します。もし割れても、破片がほとんど落ちないので、避難する際のケガも防ぐことができます。
防火性能の高いガラスを選んで、万一のときに備えましょう!

網の種類
網の種類

強化ガラス

フロートガラスを高温に熱した後で急激に冷やしてつくられます。
同じ厚さのフロートガラスと比べて3倍から5倍の強度をもっていて、万一割れても、破片が細かい粒状になるためケガを防ぎます。

強化ガラス

割れにくく、割れても安全なガラス
加熱・冷却処理によって強度が高められた強化ガラスは、手でたたいたり、ボールがぶつかったりしてもなかなか割れません。
また、万一割れても破片が鋭利な刃先のようにならず、小さな粒状になるため大ケガをする心配がありません。
住宅、お年寄りのいる部屋はもちろん、多くの人が集まる学校やオフィス、デパートなどで使われています。

強化ガラス

防犯性能は期待できません
【強化ガラス】は、その名前から「防犯機能を持つガラス」と思われがちですが、これは誤りです。
フロートガラスと比べて割れにくく割れても安全な反面、ガラスの脱落を防ぐことができないので、防犯性能は期待できません。
防犯対策には【合わせガラス】をお勧めします。
ガラスは、割れるととても危険です!
red

割れたガラス

ガラスのコップが割れて破片でケガをした経験、ありませんか?
一見丈夫そうな窓ガラスも、地震や強風で、それに人や物が勢いよくぶつかると割れることがあります。割れたガラスの破片は、鋭利な刃のようでとても危険。家庭では、子どもやお年寄りが割れた窓ガラスでケガをすケースが意外と多いのです。''''red
割れたとき、ケガを防げるガラス選びを

ケガを防げるガラス

絶対に割れないガラスはありません。しかし、安全や災害対策を考えて作られた、ケガを防げるガラスがあります。
こうしたガラスには、強くて割れにくく、割れたとしても破片
が小さな粒状になるものや、割れてもほとんど破片が飛び散らないものがあります。
実は国も、学校やデパートなど大勢の人が集まる建物でのガラスの事故を防ぐために、こうした安全性の高いガラスを使うよう指導しています。

ペアガラス

二枚のガラスの間に乾燥した空気の層を封じ込めたガラス。一般的な透明ガラスの2倍の断熱性能を持ち、住まいのさまざまな問題の解消に役立ちます。''''

複層ガラスの機能のポイントは、二枚のガラスの間に乾燥空気を封入した「中空層」にあります。この中空層の中の空気によって、いわばダウンジャケットのような断熱効果が生まれるのです。
住まいの問題解消に役立ちます
冷暖房効果の低下や結露の発生など、住まいの快適さを損なうさまざまな問題の原因は、「熱の移動」にあります。
複層ガラスは、熱の通り道である窓の断熱性能を高めるため、こうした問題の解消に役立ちます。

ペアガラス

(1)高い断熱性
封入した乾燥空気の断熱効果によって熱貫流率が約1/2になり、室内から熱を逃げにくくします。
(2)結露抑止
中空層の断熱効果により、室内ガラスが経にくいため、1枚ガラスより結露しにくくなります。
(3)快適な室内環境
断熱効果、保温効果によって、窓際の冷放射を少なくし、室内環境を向上させます。
さらに・・・

エコガラス

高い省エネ効果をもち、より快適で経済的な暮らしをもたらす『エコガラス』(LOW-Eガラス)
『エコガラス』は窓から出入りする熱を伝えにくくし、冷暖房の効率をアップさせます。
より快適な暮らしを実現します!
冷暖房のための電気代・燃料代が節約できます!
冷暖房のために発生する二酸化炭素(CO2)が削減され、温暖化防止に役立ちます!
優れた断熱・遮熱性能で夏も冬も快適!

断熱・遮熱性能

一般的な複層ガラスと同じように見えますが、大きな違いは屋外側のガラスに特殊な金属膜があることです。この特殊金属膜が優れた断熱・遮熱性能を発揮しす。
夏は強い太陽熱の侵入を防ぎ、冬には室内の熱を外に逃がさないため、一年を通して室内を快適に保ちます。
快適に暮らしながら、温暖化防止に貢献できます
断熱・遮熱性能が高いので、少ないエネルギーで冷暖房がよく効きます。
つまり、冷暖房に必要なエネルギー量が減るので、そのエネルギーを生み出す際に
排出されるCO2を減らすことができるのです。
ほかの場面でも役立ちます
断熱性能が高く、結露の軽減に役立ちます。
また、紫外線の侵入を防ぎ、家具やカーペットなどの色あせを防ぐ効果があります。

着色ガラス

都市環境の中で個性豊かな表情をつくりだす

着色ガラス

ガラスの反射でキラキラと輝いているように見える高層ビル。
遠目から見ても、その輝きが立派さを際立たせています。
そんなビルの窓ガラスに多く採用されているガラスが「熱線吸収ガラス」や「熱線反射ガラス」です。
このガラス、見た目の美しさ以上に、高い機能を兼ね備えています。
名前のとおり、「熱線吸収ガラス」は熱光線を吸収。
日射熱を吸収することにより、ガラスを透過する熱の量を抑えます。
「熱線反射ガラス」は表面の金属酸化物を焼き付けてあり、日射光線を反射します。
キラキラ輝いてみえるビルのガラスの表面は、この金属なのです。
熱を吸収・反射することのメリットは、差し込む日射の量を抑え、暑さを軽減するだけではありません。それに伴い、冷房負荷が軽減されるのです。
効果的な省エネを実現し、見た目に美しく、地球に優しいビルとなります。
熱線吸収効果を高めるため、ガラス原料に金属を加えたものや、板ガラスの表面に極薄の金属膜をコーティングした熱線反射ガラスで、グレー、ブロンズ、グリーンに着色したガラスです。日射を吸収・反射させる事により冷房効果を高めます。また、直射日光を適度に和らげ、まぶしさを抑えます。

熱線吸収効果

窓からの直射日光を適度に和らげて、快適な室内空間をつくります。
○色彩
熱線吸収板ガラスの色調は、建築の外観の色彩計画にも役立ちます。
○防眩性
透明なフロート板ガラスより可視光透過率が低いので、眩しさを和らげます。
○省エネルギー効果
日射熱取得率(η)が透明な板ガラスに比較して小さいため、熱負荷を軽減し、省エネルギーに寄与します。
着色ガラスのサンプル

曲げガラス

曲げガラス

曲げガラス

意匠・デザイン性を重視する住宅やビルの曲面部分などは、そのフォルムにあわせる
ために平板ガラスを軟化温度まで加熱し、曲げ加工を施します。曲げ加工には①自重形成(金型にセットしガラスの自重で所望の形状を得る)②プレス形成(ガラス両面から凹凸の型でプレスする)の2つの方法が取られます。
■自重成形
自重成形

合わせガラス

ガラスの種類・構成:機能ガラス【合わせガラス】
二枚以上のフロートガラスを強靭で柔軟な樹脂の膜(中間膜)で接着してつくられます。
この中間膜の効果で、割れても破片が飛び散ることがほとんどないため、一般ガラスと比べて非常に安全性の高いガラスです。中間膜の厚さを変えたり工夫を加えたりすることで、さまざまな機能を持つ【合わせガラス】がつくられています。
機能1 『防犯機能』

防犯機能
合わせガラス

より強靭で厚い中間膜を使った【合わせガラス】は、衝撃に強くて砕けにくく、高い防犯性能を持っています。
窓は、空き巣が住宅に侵入する際もっとも狙われやすい場所。多くの場合、道具を使って短時間で窓を打ち破ってしまいます。
しかし、防犯性能の高い【合わせガラス】は衝撃に強く、道具で打ち破ろうとしても容易に貫通できないため、窓からの侵入を防ぐことができるのです。
※防犯機能を持つ【合わせガラス】は一般に「防犯ガラス」とも呼ばれます。
「防犯性能の高い建物部品」を広く皆様へ普及促進を行う上で、共通呼称(防犯建
物部品)とシンボルマーク(右記)を、官民合同会議にて作成しました。このマーク
は「防犯性能の高い建物部品リスト」に公表記載された「防犯建物部品」のみに与えられます。

防犯建物部品

機能2 『防災機能』
【合わせガラス】には、ガラスの脱落防止性能に特に優れ、防災対策に高い効果を発揮するものがあり、こうしたガラスは一般に「防災ガラス」とも呼ばれます。
「防災ガラス」は、特殊な中間膜の効果で、災害時に衝撃を受けたり風雨にさらされたりしても割れにくいのが特徴です。また、万一割れても、ガラスの脱落や破片の飛散がほとんどないので、大けがを防ぎます。
つまり、万一災害にあったとき、ガラスによる被害を最小限に抑えることができるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional