断熱フィルム、遮熱フィルム、UVカットフィルム、飛散防止フィルムで快適、安全生活。

遮熱フィルム(メタル)

日射調整フィルムとも言う

補助金の対象になる

国土交通省の補助事業として2010年3月から第1回目、8月から第2回目の募集が実施されている「建築物省エネ改修推進事業」の対象建材品目に日射調整フィルムが選ばれた。
これは国が日射調整フィルムの効果に一定の評価を示しており、窓ガラスに遮熱フィルムを貼ることにより、断熱効果が充分に実証されたことになります。

遮熱フィルムのハーフミラー状に反射する

ミラー状

遮熱効果が高いものほどミラー状になる

遮熱効果が高いものほど色が濃くなる傾向があり、外部から見た場合は特にミラー状に反射する。一般住宅やマンションよりもビルなどのオフィスなどによく使用されています。

遮熱フィルム施工中写真

熱線反射で真夏の暑さが和らぐ

最大熱線78%カット

最大78%も熱線を遮断

真夏の暑さを遮るには最も効果が期待できるフィルムで、最大78%も熱線を遮断できるため、ブラインドなどと比べると室内の明るさを保ちながら暑さを和らげる効果があります。

事務所の窓や工場の窓に施工

外部から見るとミラー状に反射している為、景観上あまり一般住宅には使われていないがカーテンやレースのない事務所には最適なフィルムです。

ハーフミラーで外部からの目線を遮る

住居の場合はレースが必要なくなります。

一戸建ての場合、昼間の外部からの視線はカーテンレースにて目線をカットするのが一般的ですが、レースでは汚れが気になったり、紫外線の透過が避けれません。ハーフミラータイプの遮熱フィルムなら、汚れが付いても拭くだけ。また、UVカットも99%カットしてくれる為、室内の日焼け防止も兼ねてくれる優れもの。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional